猫かぶり女性に対処するための術を知る

職場に猫かぶりをする女性がいる場合、気になってしまうのが人の心理と言うものです。一方こうした女性には「害」になるタイプと、そうではないタイプが存在していますので自分自身をかき乱されないためにも注意しましょう。
例えば男性の前でだけ猫をかぶり、同性の前では普通になる人は一見悪質ですが本質的には害になるタイプではありません。人間は皆異性に好かれたいと言う本能がありますので、自分の恋人や夫に手を出されたわけではない場合、放置しておくようにしましょう。

社内の男性にその女の人が好かれていたとしても、自分にとって「損」にはなりません。一方で特定の異性や上司の前では猫かぶりをするけれど、自分には露骨に悪い態度を取ってくる女の人には注意が必要です。こうした人は失敗を他人に押し付けたり、不快な仕打ちを行なってくる可能性があります。このように悪質な人には自ら動いて対処する必要があります。本人に注意しても効かない場合は、できるだけ理解者を作って職場内で孤立しないようにしましょう。
何らかの問題が発生した場合、猫かぶりをしている人は周囲の信頼を集めているものですから危険です。そうした時に自分の味方になってくれる人を事前に作っておくのが賢明です。異性であれば女性の本質を見抜きづらいですし、女同士の人間関係に入り込みにくいものですから、できるだけ同性の理解者を作っておくと良いでしょう。猫をかぶるような人は狡賢いところがありますから、自分自身も上手に出れるように努力する必要があります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です